YUZSOFT 11th PROJECT
  • twitter
  • facebook
  • line

キャラクター

コスチュームチェンジ

死神の女の子。
実は、100年以上、この世界で過ごしている。

機械の操作などが苦手であり、最新機器を使いこなせない。
知識は田舎のお婆ちゃんレベル。

長生きをしているが、威厳などはあまりない。
フレンドリーで、親しみやすい性格であり、
調子に乗って、人をからかったりする一面を持っている。
だが時折、長い年月を生きた者を思わせる雰囲気を見せることもある。

コスチュームチェンジ

主人公と同じ大学に通う女の子。
クールな女の子だと周りからは思われている。
実際にはクールというわけではないものの、
感情を表に出すのが、あまり得意ではない。

わりと純情であり、性的な話には顔を真っ赤にしたりする。

大学では特定の人間と仲良くすることもなく、
飲みサーの軽い陽キャは嫌い。うざい。面倒臭い。
と、そういった人種とは、距離を取っている。

コスチュームチェンジ

明るく素直で優しい、幼馴染の女の子。
主人公よりも年下だが、子供の頃からの付き合いもあって、
主人公に対してだけは、ズケズケ言う。

親は神社の神主であり、
家の手伝いとして、たまに巫女の仕事をしている。

女の子として、体重は気にしているものの……
美味しい物を前にすると我慢できない。
食べ物の誘惑には勝てず、屈服。
そして体重計の上で、後悔をすることも少なくない。

コスチュームチェンジ
元気で活力あふれた女の子。
裏表を感じさせない明るさを持っていて、
ゴチャゴチャしたことが苦手で、単純明快な方が好き。
今は別のところに通っているが、昔は墨染希と同じクラスだったこともある。

子どもっぽい一面があり、ぬいぐるみなど、可愛い物が好き。
甘えたがりなところもあり、親にも甘えているので、家事は苦手。

元水泳部。
日焼けしてしまった肌が、まだ戻っていないことを、ちょっと気にしている。

コスチュームチェンジ

カフェで働く、パティシエのお姉さん。

明るく、サバサバした性格の女性。
かなりの面倒臭がりで、実家では家事をしない。
ひとり暮らしの部屋でも、家事は溜め込んでしまう。

ただし、仕事に対しては、真面目。
こだわりを持ってお菓子作りをしており、妥協もしない。
そのため、周りの人間と意見がぶつかることも少なくないらしい。

人の言葉を話す、二足歩行の猫。
妖精の“ケット・シー”と呼ばれる存在であり、その役目は神の使いとして“死神”と共に死者の魂を案内する事である。
公爵家(ケット・シーの世界)の生まれらしく、プライドは高い。
舌が肥えているらしく、カリカリの食事に飽き飽きしているらしい。

主人公の父親。
人の依頼を受けて、絵を描いたり、インテリアコーディネーターなどをして稼いでいる。
基本的には海外を飛び回っている。

墨染希の親とは昔からの知り合いで、家族ぐるみの付き合い。

主人公と同じ学科の友人。
気さくな人柄であり、主人公とはよくバカな話で盛り上がったりしている。

汐山涼音の弟。
姉弟仲は悪くないものの、今まで散々姉の権力を振りかざされてきたので、涼音のことが苦手。

ページTOPへ戻る